Exhibition

生江葉子個展 

唄い継ぐこと

​-Yoko Namae solo exhibition-

​2020年11月25日(水) - 12月28日(月)

10:00~20:00 火曜日定休

作家来廊日:11月25日(水)・11月28日(土)・12月5日(土)・12月19日(土)

※展示作品に関するお問い合わせは原則会期初日より受付させていただきます。

※お電話やメールでのお問い合わせに関して、会場接客がどうしても優先になりますので

すぐにお応えできないこともございます。ご了承ください。

※画廊内での禁止事項について

「風のエール」 /  F8号

​現在開催中の展覧会作品がご覧になれます。

生江さんの絵を初めて拝見したのは2年程前でした。銀座での個展だったのですが、展示空間に入った瞬間の風にのった唄が吹き抜けていくような感覚を今でもよく覚えています。

 

生江さんの絵と言えばその独特な優しい色味と、何層も塗り重ねては削りを繰り返した果ての深いマチエールが特徴と言えるでしょう。

ただ生江さんの作品の最大の特徴は、「絵」という視覚的な芸術作品にも関わらず「音」を感じさせてくるところだと私は思います。

それは誰かが小さな声で口ずさむような、あるいは自然と聴こえてくる生活音のような、そういう耳を澄まさなければ聴こえてこない類の音が生江さんの絵からは聴こえてくる気がするのです。

今回の展示のDMに掲載させていただいた「風のエール」という作品、またDM候補として同時期に預からせていただいた「やさしい時間」、これらの作品を今展の展示作品の中で最初に見たわけですが、そのどちらからも私は「唄」を感じました。仰々しい伴奏も何もない小さな声のアカペラのような、そんな唄が聴こえてきそうな予感がして、今回のタイトルは「唄い継ぐこと」とさせていただいた次第です。

 

上述のような作品の魅力は、生江さんの長い画業の中で培われた成果と察します。日々脈々と、生活を営む呼吸の仕方で絵を描き、そしてそれをまた次に繋げていく。まるで物語を唄い継いぐかのような、そんな作家の姿が絵の中に浮かぶようです。

展覧会というものは、そうやって作家が織り成してきた唄を作家ではない誰かに継いでいく場なのかもしれません。

 

生江さんが唄い継いできた物語の最新章、ぜひご高覧ください。

生江 葉子 -Yoko Namae-

【経歴】

1950年 小田原市に生まれる

1970年 武蔵野美術短期大学油絵科卒業

1971年 武蔵野美術短期大学油絵科修了

1975年 近代美術協会出品 会員推挙

1995年 近代美術協会委員推挙

2001年 近代美術協会退会

 

現在 無所属 東京都在住

 

 

【個展】

1995, 97年 銀座アートプラザ(銀座)

1999, 2001年 ギャラリーゴトウ(銀座)

2001, 12年 ギャラリーYORI(代々木上原)

2002, 03, 05年 ギャラリー汲美(銀座、京橋、日本橋)

2004年 ギャラリー7℃(中目黒)

2006年 うつわ菜の花(小田原)

2007年 ギャラリーy(小平)/ギャラリーオカベ(銀座)

2008, 10, 12, 14, 16, 18年 ギャラリー403(銀座)

2009年 中和ギャラリー(銀座)

2011年 飛鳥画廊(小田原)

2013年 エスパス ミラボウ(神楽坂)

2014, 16, 18, 20年 金井画廊(京橋)

2015年 ギャラリー五峯(下井草)

2015, 17, 19年 小田急百貨店(新宿)

  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーTwitterのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン